ひとこと集
 
とくに意味のない思いつきの言葉たちです。

また会いましょうね
闇夜の果てに
 
いつかぼくらがたどり着く場所があるのなら
踏み出した世界はきっと間違えてなんかないよね
 
明日はいつも明日で
永遠に今日にならない
素直にこの気持ち うまく言えないだけ
分かっているよ ぼくを心配してることは
だけど……。
 
勝てぬ戦に息切らし
あなたに身を焦がした日々を
私は忘れられない
 
いつか流離に耐えかねて
私を訪ねてきてよ
 
昨日のわたしはどこにいるの? 
ぼくたちは戦わない
真実は一つじゃないもの
我々はどこからきて
どこへ向かうというのだろう
 
届かないことなどわかっているけど
思わず手をさしのべる
 
いつか流離に耐えかねて
私を訪ねてきてよ
 あの人に幸せになってね、なんて祈れない
 夢だったんだね
もう桜が満開だよ
君はこの光景をどこで見ているんだい
 
はじまりと終わりは
すべて同じところにある
 
人恋しさとわずらわしさ
どちらが最後勝つのだろう
 
ひらいたばかりの花が散るのを
見ていた木立の遣る瀬無き
かな
 
あなたなしで生きているわたしを
どう思うでしょう?
 
もう、もどれないの?
あの場所には
 
すべての終わりに愛があるなら 
もう二度と会えないなんて信じられない
まだ何も伝えていない
どんなに怖くたって目を逸らさないよ
全ての終わりに愛があるなら
 
こうして生きてこれたのも
あなたのおかげでした
 
人間好きになりたいための旅も
とうとう終わってしまった
忘れないよ、遠く離れても
短い日々も、浅い縁も
 
それでも明日はやってくる
祭りの終わりはもうすぐだ 
あなたの笑顔にお会いするために
東京ディズニーリゾートは
ただ今お休みをいただき、
皆様をお迎えする準備を進めております
 
ありのままで
生きてゆけたらいいよね
 
すでに失っていたものを
今になって提示されてしまうと
喪失感は果てしなく、終息されない。
 
心の隙間を埋めてくれるものを探して
まだ漂っている
 
何も知らずにはしゃいでいた
あのころに戻りたい
そして、もう一度
 
 ふざけた帰り道
話し続けた駅前
……思い出ばかり、今もたどっている
おぼえていたら
暑中見舞いください
 
友達でいいから
近くにいれるなら
あの日見つけたはずの真実を
今はもう見ることもできず
触れることもできず
語ることもできず
 
もうこの道は戻れない
あそこには帰れない
あなたの前にはいけない
どうして、ここにいるのだろう
桜ではじまった時間は
終わることがないまま
止まってしまった
 
あなたとの間にあった
見えないフェンスを
乗り越えることは
やはりできなかった
 
あれから住所も髪型も
なんども変えてきたけれど
過ぎていく時間に
さよならはできない
 
あなたに近づくには
どうしたらよいのでしょうか
 
…………
とうとう言えないまま
もう二度と会えないのだろうか
 
あなたが遠くの町で幸せでいれば
それでいいけど
 
いったい何をすれば
あなたのためになるのでしょう
黄昏ゆく街の中で
あなたの影をさがしてる
 
もう会えないのかもしれないけれど
あなたがいたから
今のわたしがいるのです
 
夜が開けたころ
変わらない昔の君を夢で見た
 
永遠感じる誰かが
ほしいだけ
 
戻っておいでよ
わたしなら、ここにいるよ
 
あのささやかな暮らしは
もしかしたら
私だったのか
 
最後の言葉もうまくいえなかったけれど
今はいわなくていいと思うんだ
いつか、報告できれば
 
明日の日を夢見て
希望の道を
 
楽しくなかったら
書いたってしょうがないんだから
楽しく書かなくては
駄目だよ 
誰もいない世界へ
わたしを連れていって
いつも夢を忘れないで
探している答えに
心が届かなくても
桜は散っても
想いは散らず
また次の春を待つのか
変わりゆくものに
いつも怯える
桜の咲くころ
あのささやかな人生は
私が手に入れられない
幸せというのものなかもしれない
あなたに出会ったからこそ
私は歩き続けることがてきる
だから、あなたも
まっすぐ歩き続けてほしいのさ
失ったものは
すべて私のミスだから
だからひとりで生きるしか
きっと、ひとりで生きるしか
立ち止まりつづけていれば
また会えると思っていたのに
あなたはまだ現れない
忘れなきゃいけないと
思うたびに
いい思い出ばかりを
思い出す
あなたがいない新年を
何回迎えたとしても
わたしの時は止まったまま
期待なんてしていないのに
あなたの手紙が届いていないか
新着メールを毎日チェックしている
才能なんて
すぐに立証できないから
ぼくはただ、がんばるだけなのだ
すっかり変わってしまった
彼の影を踏むのは
もう無理なのかもしれない
届かなかったこの思いを
秋の空へ投げ捨てたい
秋ふかし
芋をふかして
食べましょう

(意味、わかりますよね)
見えなかった未来よりも
君と今日だけを信じていた
あのころはもう遠い昔の話
また夏が来て
陽射しを浴びながら
輝くあの笑顔を思い出す
目を閉じれば
いつもよみがえる
君とすごしたあの日々
見つめるだけでわかりあえる
そんな人がきっといると
今も信じている
想い出は残るけれど
想いは薄れていくものなのだ
忘れじの
行末までは
かたければ
今日を限りの
命ともがな
戻れなくてももういいの
そういって
あなたと越えたかったあの壁
求めてもかなわぬ想い
信じてもかなわぬ願い
わかっているはずなのに
待ち続けている
もう桜は散ったのに
あの人はきっと思い出してはいないだろう
あの頃の輝きも想い出もぬくもりも
桜の花が咲く頃
桜を見上げるあの人の
さびしいまなざしを思い出す
さよならのたびに
わたしは孤独になり
そして強くなっていく
強くなりたいわけじゃないのに
あの道をもう一度歩いていけば
あなたに出会える……そう信じているけれど
あなたの声が聞こえた気がした
陽射しの暖かい真昼の一瞬
わたしに向けた
あなたのさびしげな微笑を
今も心の奥底にしまってあるの
出会いはさよならのはじまり
そう思い込む自分は
いつも恋から逃げている
あの日 2人で黙って歩いたあの道は
もうすっかり変わっていた
ぼくたちと同じように
もしかしたらまた
あなたと出会えるかもしれない
そう思いながら今日も街を歩く
進んでいく道は見えなくなり
今、私は迷子になっている
墨色にうつむく影のように
私は黙って立っている
一人でいるのには
このセカイは広すぎるのだろうか
君に突き放されて
この世界に踏み出してしまったけど
きっと間違えてなんか、ないよね
この道を進んでいれば
きっとまた会えると信じているから
ぼくのセカイ消えるまで
叶うなら 君のそばで眠らせて
夢にやぶれて沈む私を
あなたはきっと笑ってる
それぞれの道が
いつかまた重なり合えば……
そんな想いを未だに捨てられず
夢も現実も
目を閉じれば、同じ
君に頼ろう
と思っているわけじゃないから
鳴らない電話を無視しながら
でも、ほんとうは
あなたの声を待っている
やっと来た春はすでに輝きを失い
季節はまた変わっていこうとしているのに
私の心はまだ冬装備
新しい環境がきらいな私は
きっと前向きな人間ではない
帰れない場所が
また増えてしまった
陽気は日に日に暖かくなるのに
心は寒くなるこの時期
毎年のことだけど
あなたとともに
いることだけを信じ願った
あのときに戻りたい
明日もきっと
後悔という塵を集めて
私は生きていく
どんなに寒いときでも
やさしい陽射しだけは
あなたを必ずつつみこむ
寒さが人との間を埋めていく
ぬくもりが人との距離を縮めていくのね
立ち止まったまま
遠ざかる人々の背中を
見つめているだけ
たよりない心が
秋風にふかれてゆらゆらと
人が見せる変化に
わたしはついていけないの
あの日見つけたはずの出口は
もう雲のかなたへ消えてしまった
ふいに気がついた
どうした今を生きているのか
あの夏の日に
ぼくは囚われたままだから
あの夏の日のぼくたちは
どこへいってしまったの?
昔の自分に戻って
昔のあなたに会いたい
不意打ちのような恋に
自由を奪われてみたい
私の心をつなぎとめる
何かよい道具はありませんか
触れ合う心は
わたしを迷子にする
やさしさは私を壊す
さみしさはあなたを壊す
だからもう無へ還ろう
何もやりたいと思わず
曇った空をぼんやりと見上げる
そしてただ見上げたまま
何事もなく時間は過ぎていくだけ
リセットボタンを押したいけれど
どこにあるかがわからないから
今もプレイを続けているだけ
一人でいるとき
あなたのことを思い浮かべてみる
でも、あなたはきっと
私のことなど思っていない
善は悪に勝つ
その象徴が消えてしまい
ゆめのお城はただ、たたずんでいる
またひとつ夢は潰え
さびしさが心を満たしていく
私が揺らいでいるのは
あなたが近くにいたという記憶が
消えつつあるからなのね
もう二度と会えない人もいるけれど
また会えるかもしれない人もいるから
一人でも生き続けていくことができるのさ
あなたはここにいますか?
夢を求め続けるのなら
孤独なんて恐れてはいけない
誰か私を許してください
誰かひとこと「私を許す」と
まっすぐ歩いていれば
また、あなたと会えますか?
あなたとできなかったことが
あなたの年賀状に写っている
結局何一つわかりあえず
人は皆すれ違っていく
本当は何を求めているのか
私自身もわからない
私か差し出す手を
誰もつかんでくれない
旅立つ人をいつも見送るだけ
どこにも行けず
私は立ち止まったまま
「私を見つけてほしい」
そうつぶやきながら
私は今も闇の中をさまよっている
その場しのぎだけで
私は今も生き続けている
見上げた空はどこまでも透明で
そのまま自分も溶け込みたくなった
立ち止まりたい私を
時の流れがふきとばす
あのとき何気なく触れた
あなたの頬の柔らかさとぬくもりだけが
今の私を暖める
もう私には夢しか残っていない
あなたの存在が隣にない今となっては
できることなら
あのときに戻りたい
あなたの背中に
もう一度うずまりたい
もっと話そうよ
わたしが思うことも
あなたが知っていることも
暑さにまかせて溶けてしまおう
あいまいな自分を理解しよう
あの夏の日は
もう二度と戻ってこない
私はきっと
もうすでに
暗黒面に堕ちている
身体も心も重い
きっと湿気のせいだろう
けっしてあなたのせいではない
希望的観測は
人が生きていくための
必需品らしい
手と手かさね
出会うのさ
世界の人々と
愛を胸に
恋をしていることに気づいたときは
いつも遠く離れたあとだった
私は立ち止まっているのに
一緒に歩いていた人々は
そのまま通り過ぎていく
現実は知らないところに
夢は現実の中に
真実は人の心の中に存在する
君はまだ覚えてる?
わたしたちが黙って
見つめ合った瞬間を
心が重なった瞬間を
一度だけ抱きしめた
あなたのぬくもりが
今も私の心を暖める
あなたを好きになるほど
わがままになって
あなたを傷つけてしまう私を
私は許せない
ひたすら私は祈った
すべてゆるされることを
あのときから
あなたと会えないまま
桜はまた散っていく
「もういいのかい?」
今はただ、そう言われたい
誰もいないの
わたしだけなの
うしろの正面だあれ
夢追いかけ ころんだとき
何にすがればいいんだろう
私の存在理由を教えてください
そしたら 私はあなたについてゆきます
遠い日 雪の中で星空を見あげた場所に
ぼくらは戻れないんでね
幸せを与えてもらおうと
私はただ待っているだけなのだ
限りある命なのだから
今このときを精一杯生きるのだ
……明日があるとは限らない
今わたしは誰かのために
生きているわけじゃないのだ
いつも近くにいた
あなたの微笑みが
本当はこわかったの
うそのような時間がほしかったんです
うそでもいいから
ほしかったんです
あのころの思いと心は
今日も秋の空に消えていく
多くの人に囲まれても
ほんとは私ひとりぼっち
いつもあなただけを求めている
私の運はよかったよ
あんないい人と出会えたんだから
あんないい人 もういないもの
それでも もういいの
見つめていて
忍び寄るあのころの気配
でも、本当は待っていた
あのころのさびしい心
今すぐ会いたい人が
あなたにはいますか?
もう二度と会えないかもしれないのに
会いたい人は、いますか?
砂に倒れるむなしさよりも
ひとときの人間の心に倒れこみたい
わたしが泣いている頃
あなたはきっと
幸せをかみしめているだろう
空の上で
あなたの息遣いを感じる夢を見た
ただ、それだけなんだけど
私はいまでも
あなたからの残暑見舞いを
待っている
嵐の後の青空を見上げてみた
あなたもきっと
見上げているような気がしたから
人の世にたのしみ多し
しかれども 酒なしにして
何のたのしみ
暑いせいか
少しずつ自分が溶けていく
ような気がする
心にぽっかり穴が空いたような
さみしいのはきらいかい?
つらいのはきらいかい?
だから、誰でもいいのかい?
熱い空気が私を煮詰めている
心も体も熱くてぼんやりするが
その奥にあるものは今もまだ冷めたまま
湿気に身体をべとつかせながら
心が重いのもきっと湿気のせいだと
自分に言い聞かせている
帰りたい場所がまた一つ
消えてしまった
二度とたどり着けない場所ばかりが
増えていく
強い風に吹き飛ばされたくなる
そんなとき私をつかむ手があった
その手はずっと私をつかんでくれるのだろうか
また違う方向から風が吹いてくるよ
愛じゃなくても恋じゃなくても
君を離しはしない
……けして負けない力を
昔 私はもっていた
やるべきことをやらずに
幸せをつかむことなんてできない
それでも私はただ待っている
もう自分では
帰るべき場所を見つけることができなくなってしまったの
差し出した手を
みんなが振り払う
誰でもいいから、手を掴んでと私は願う
答える声はないけれども
ストレッジのカレンダーに
殴り書きされた、あなたの
「さよなら」の言葉を
私は今も覚えています
そろそろ眼を覚まそう
すべては夢と幻なのだよ
たとえ今つかんでいたとしても
春の風が強く吹き
いろんなものを吹き飛ばす
ついでに私の心のひっかかりも吹き飛ばしてくれれば……
ここで待っていてよと言われ
ずっと待っているけれど
今もあなたは戻ってこない
世の中はやってもだめなことばかり
どうせだめなら酒飲んで寝ようか
子供は少年となり
少年は大人へと成長していくと
取り返しのつかないことばかりが増えていく
私にはけっして見つけられない
幸せの扉が世の中のどこかにあるらしい
この時期になると
あなたの心から
まだ卒業できていないことに気づく
気がつくと 帰る岸辺は
もう見えなくなっていた
わたしをいつも守ってくれるのは
忘れられないあなたの笑顔
見たことのないもの見てみたいな
いつか、きっと見えるよね……いつか、きっと、見えるよね
「差し出す手をつかんで」と叫んでみた
答える声などないけど
もしあの日好きだと言っていたのなら
変わったものもあっただろうか
時間はプラチナよりも貴重なのに
今日も湯水のように消えていく
過ぎていく時間に自分の心を透かしてみよう
きっと忘れていたものが見えてくる
冷たい空気に包まれてて
私は白いため息をはく
始まりと終わりは全て
同じところに存在する